今すぐお金が必要な緊急事態の時に

予期せぬ理由ですぐにお金が要り様になった経験はありませんか?例えば…

 

  • 給料日まであと少しお金が足りない
  • 急なご不幸でお葬式に参列
  • 探し求めていた商品がすぐ目の前に!

こんな時はすぐにお金を借りる方法があります。

 

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

即日中にお金を借りる

 

まずは安心なキャッシング会社を決めましょう

キャッシング会社を選ぶ上で、即日融資に対応するキャッシング会社を選ぶ必要があり、大手の消費者金融であれば間違いありません。審査に時間を要する金融会社は、審査に通りにくいキャッシング会社と考えてもよいです。銀行のカードローンというのは、審査に時間を要すると言われますので注意してください。

 

このようなキャッシング会社は、金利が低く融資額が多いというメリットがありますが、審査時間を待てずすぐにお金を要する場合ですと、アコム、モビット、プロミスなどの馴染み深い大手の消費者金融を利用することをお勧めします。

 

申し込み方法

キャッシングの申し込み方法は様々あります。店頭に行く場合や、ウェブでの申し込み、手軽に申し込めるのはやはりウェブからの申し込みでしょう。お手持ちの携帯電話やパソコンから申し込み可能ですし、そのうえ審査は1時間以内というものです。審査が通ったら、その場から銀行口座へ振り込みをしてもらうことができます。それぞれのキャッシング会社により、多少の差はありますが、アコム、モビット、プロミスならば早い入金がなされますのでいち早くお金が必要な方には大変便利です。

 

ただし、申し込みをする時間によっての注意点があります。申し込みの時間帯が平日14時前であれば、銀行口座への振込のキャッシングに問題はありません。ですが、14時を過ぎての申し込みの場合、振込キャッシングがシステムの都合上できなくなるのです。キャッシング会社自体がすぐに銀行口座へ振込をしてくれたとしても、システム上の反映が翌営業日になってしまうのです。即融資を希望される方は、時間帯が平日14時以前かどうか、土日祝日かどうか十分注意して下さい。その場合、別な方法がありますので検討しましょう。

 

土日祝日の即日融資の方法

即日融資が必要で、それが土日祝日だった場合、自動契約機という方法があります。大手の消費者金融や銀行には自動契約機が設置されています。しかも365日のお取引が可能になっており、この機械で必要な契約は一通りできてしまいます。申し込み、審査、身分証明書の提出から契約書、ローンカードの発行まで全てのことができるのです。仕組みとしては、機械からカメラを通してオペレーターとつながり、やりとりかでき質問に答えてもらうこともできます。

 

ただし、申し込んで審査が出されるまで1時間程待たなくてはならないので、予めウェブで申し込んで審査が通った状態で自動契約機を利用することをお勧めします。ローンカードが発行されれば、その後はどこのATMからでも現金の引き出しが可能です。自動契約機に併設されているATMであればそのほとんどが手数料無料で利用できます。自動契約機の営業時間は、それぞれの会社で異なっておりますので各社ホームページなどで確認することをお勧めします。営業時間はアコム、プロミスが、9時から21時まで、モビットが8時から21時までとなっており、はじめて利用する際には身分証明書の持参をお忘れなく。

消費者金融の融資は、銀行カードローンより迅速である

 

はじめに

キャッシングにおいて重要なのは融資スピードです。不測の事態に襲われて急な出費が迫られた際、適切なタイミングで入金して貰えないともしもの時に頼りになりません。

 

消費者金融の融資スピードは、銀行カードローンよりも速く、迅速な対応が可能となっています。ここでは消費者金融の融資が速い理由について、3つの観点から解説したいと思います。

 

急ぎのご融資ではなく、返済金額を減らしたい方はこちら

おまとめローンの徹底比較ランキング

 

 

消費者金融では審査スピードが速い

消費者金融には、近年登場した銀行カードローンよりも長い期間個人に対する融資を行ってきた実績があります。

 

消費者金融では、その蓄積された情報を利用して、申込者の年齢や職業という外見的情報から融資可能な金額を算定するためのシステムが構築してあります。

 

長い期間個人融資を行ってきた消費者金融の融資システムは、銀行カードローンのシステムよりも優れているのです。そこで審査時間の短縮でき、素早い融資が可能となっています。

 

また銀行カードローンが金利の水準で競争する傾向にあるのに対し、消費者金融は融資スピードで競争しており、審査時間を短縮するための改善が絶えず行われています。そこで消費者金融の融資スピードは、銀行カードローンよりも速くなっているのです。

 

消費者金融の審査基準は、銀行カードローンに比べて緩い

消費者金融の融資スピードが速いことの理由には、審査基準の緩さもあげられます。消費者金融でも銀行カードローンでも、融資の申し込みに対してはコンピューターを利用した審査が行われています。

 

消費者金融では過去の情報に基づいた融資システムが優れているため、必要とする情報が記載されていれば、すぐに審査がクリアされて、入金されるようになっているのです。

 

他方、銀行カードローンの場合は消費者金融に比べてシステムに情報の蓄積が行われていません。そのため、審査が入念に行われる傾向にあるのです。

 

また職場への在籍確認でも、消費者金融と銀行カードローンでは違いがあります。消費者金融では、在籍確認時に本人が電話に出なくても大丈夫だったり、他社からの借入れがなければ在籍確認そのものを実施しないということすらあります。しかし銀行カードローンの在籍確認では、職場で本人が電話にでなければ審査を通過することができません。

 

このように審査の内容に差があるため、より審査が厳し銀行カードローンの方が融資スピードが遅くなっているのです。

 

消費者金融では自動契約機による迅速な対応が可能である

消費者金融では、各社が競争して自動契約機を全国各地に設置しています。長い期間サービスを展開させてきた消費者金融では、その長い年月に応じて設置されている自動契約機の数が多いのです。

 

しかしサービスを展開して間もない銀行カードローンでは、消費者金融ほど自動契約機の設置が進んでいません。そこで銀行カードローンから融資を受けようとすると、多くの場合で店舗に出向く必要が生じます。しかし店舗が利用できるのは店舗の営業時間に限られているため、夜間や休日に発生した急なトラブルに対処することは困難です。

 

自動契約機であれば、店舗の営業時間に左右されず、年中無休で夜間まで営業しているものも多いため、もしもの時にもすぐに対応してもらうことが可能となります。またインターネットを利用して、事前に審査を済ませることも可能になっています。

 

インターネットで審査を済ませていれば、審査の手間を省けるためにさらに迅速に融資を受けることが可能となるのです。

即日融資をスムーズにしてもらうために。

即日融資をお願いしなければいけないということは、かなり切羽詰まった状態だと思います。確実に融資を得るために、必要最低限の金額で融資のお願いをしましょう。そうすることで、審査も通りやすくなります。

 

なぜ必要最低限の金額にする必要があるのでしょうか。

お金を貸す側の立場から考えると、貸したお金が回収できるか、できないかをまず第一に心配します。そのため、融資をお願いされる金額が高ければ高いほど、融資するかしないかを慎重に考えます。融資をしても大丈夫な相手なのか、信用して良い人間なのか、それはそれは細かく確認します。

 

目安としては、最初から50万円以上の融資をお願いしたり、他の会社からの借入とを合わせて100万円以上の融資額となっていたりすると、審査の慎重さが増し、収入証明書を提出して欲しいと言われることになるかもしれません。

 

審査の結果、融資をしても返済できないかもしれないと思われたら、融資は見送られます。返済できるかできないかは、収入や他社からの借入及び遅延情報など、様々な要素から判断されます。借入状況については、銀行以外のところから、年収の3分の1を超えてすでに融資してもらっていたら、融資を受けることは無理だとお考えいただければ分かりやすいです。

 

ただし、例えば、おまとめローンなど、融資をお願いするのに問題とならないローンもあります。日ごろから自分の置かれている経済状況の把握に努めると良いでしょう。とはいえ、即日融資をご希望なら、融資見送りはどうしたって避けたいところです。だから、お願いをする前に確認しましょう。

 

融資をご希望の額は年収の3分の1以下で、50万円以下ですか。他の会社から借入がある方は、今回、お願いしようとする額と合わせて100万円以下ですか。この2点をクリアしていると、融資してもらえる確率は高いだろうと思います。
ちなみに、パートやアルバイトをされている方は、どうしてもということでないのであれば、融資をお願いする金額を10万円以下に抑えることができたら理想的です。繰り返しになりますが、融資をお願いする金額を抑えることができれば、審査が通りやすくなります。

 

これは返済能力が高いことを意味し、実際は切迫していても、切迫していないという印象を相手に与えることができることによります。また、年収がある程度ある方でも、融資をお願いする額が多すぎると、何のためのお金だろうと不審がられます。

 

また、お金の利用目的のところに、生活のためだったり、借金返済のためなどと書くのも、あまり好ましくないです。お金を貸す側の不安をあおらないように、少なめの額を希望し、利用目的も趣味のためなど、当たり障りのないことを書いておきましょう。

 

融資をお願いする額が少なければ、提出書類も少なくて済みます

融資をお願いする額が少なければ、提出書類が運転証明書や健康保険証などのコピーや画像1つで申し込みができてしまいます。

 

お金を貸すのなら信用できる人に貸したいというのは、人も会社も同じです。大手の消費者金融会社なら、10万円の即日融資をお願いするために審査を受けたら、それ以上の額をお貸しできますというお返事が来ることもあります。月末や決算期などはそういうことが起こる確率が普段より高くなります。

 

何はともあれ、抑えるだけ抑えた融資希望額を出して、確実に必要最低限の融資は確保しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日